ツイッター

ツイッターの位置情報を削除してオフにする方法(アプリ/PC)

Twitterの位置情報を削除する方法をアプリ/PC別にご紹介します。

アプリを使って位置情報を削除する方法

現在、Twitterのアプリから位置情報の削除は不可能となっているため、過去にツイートした位置情報を完全に削除したいならば、PCからの設定変更が不可欠です。

ただし、スマホからでもブラウザからTwitterを起動し、PCの操作と同じように設定を変更すれば、位置情報を削除することが可能になります。

それ以外の方法では、スマホの端末そのものの設定を変更することで位置情報の掲載を止めることが可能です。

iPhoneやiPadの場合には、設定画面のアプリ一覧からTwitterをタップし、位置情報の【許可しない】にチェックを入れれば設定が完了します。

次にAndroidでは、同じく設定からアプリのタブをタップして、Twitterをタップし、【権限】と書かれた項目をタップしてください。

このタブの中にある【位置情報】がオンになっている場合、オフに設定し直すことによって、位置情報の掲載をストップすることができます。

パソコンを使って位置情報を削除する方法

まずはPCのブラウザを使ってTwitterを開き、トップ画面の左端に表示されている記号の中から、アイコンのすぐ下にある【…】と書かれたタブをクリックしましょう。

それに続いて【設定とプライバシー】という項目が出てきますから、その項目をクリックして設定画面へと移ってください。

次に、設定画面の【プライバシーとセキュリティ】をクリックすると、上から2番目に【位置情報】という項目が出るので、ここをクリックします。

ここで【ツイートに位置情報を追加する】と書かれている項目の右側にあるボックスにチェックが付いている場合、位置情報が公開中という状況にあります。

ですから、まずはチェックをクリックして空洞のボックス状態へと戻し、今後投稿するツイートに位置情報が掲載されないように設定を変更しましょう。

最後に、その下にある【位置情報をすべて削除】という赤文字をクリックすると、過去に投稿した位置情報をTwitterから一斉に削除できます。

EXIFデータの削除は不要

画像にはEXIFと呼ばれるデータが含まれていることがあり、EXIFには撮影日時や使用した端末のほか、位置情報も記録されています。

これをそのままの状態でネット上にアップしてしまうと、自宅の場所などが特定される恐れがあるため注意が必要です。

しかしTwitterでは、EXIFデータが記録された画像を投稿した場合に、EXIFデータを自動で削除する機能が備わっています。

Twitter上では、アップした画像から位置情報が特定される心配はありませんから、事前にEXIFデータを削除する必要はなく、これまで通り気軽に画像を扱うことができます。

ABOUT ME
中の人
SNS解決.comの中の人です。