ツイッター

ツイッターは鍵垢でもDMを送れる?検証してみた

ツイッターは、ツイートを全体には非公開とするいわゆる鍵アカウントの状態で使用している人も多いですよね。

特に女性ユーザーや趣味用アカウントの場合、フォロワー以外にツイートを見られない鍵アカの方が、安心してツイッターを楽しむことができるでしょう。
今、ツイッターの投稿内容や写真だけを手がかりにしてそのユーザーを特定してしまう人や、他人のつぶやきに過剰反応して騒ぐような人もいるだけに、鍵アカを選択することはトラブルを未然に防ぐ自衛策の一つです。
しかし、鍵アカは安心な反面、少々不便に感じる場面もあるものです。
まず、ツイッターでは鍵アカだと、フォロー関係にないユーザーにはリプライを送っても相手は読むことができず、誰からのリプライなのかさえ判別されません。
ツイッターは意外とフォロー・フォロワー外の人とやりとりする場面も出てくるため、鍵アカだとこれがけっこう不便です。
一時的に鍵を開けてリプライすれば相手に認識されますが、鍵を開けたくない場合は相手とフォロー関係になるしか他にリプライを送る方法はありません。
ではDMはどうか?というと、DMの方がリプライよりは使いやすい仕様になっています。
ツイッターのDMは前提として、相互フォロー状態なら鍵の有無に関わらずお互いに送信でき、相互フォロー以外においては【すべてのユーザーからメッセージを受信する】設定をオンにしているかどうかによって変わる、という仕組みであるためです。
【すべてのユーザーからメッセージを受信する】という設定をオフにしているフォロー外のツイッターユーザーには、鍵アカも公開アカでも、DMを送ることはできません。
その場合、DMを送ろうとしてメッセージ画面へ行っても「今後このユーザーにメッセージを送信することはできません」という表示が出て、メッセージの入力ができない状態になります。
しかし、【すべてのユーザーからメッセージを受信する】設定をオンにしているツイッターユーザーであれば、相手とフォロー関係になくても、自分か相手が鍵アカでも、問題なくDMを送信することができます。
この場合フォロー関係になければ、DM通知は普通にあり、メッセージを開くと上部の「メッセージリクエスト」欄にDMが表示されます。
また、相手とフォロー関係になくてもこうして一度以上やりとりがあれば、その後どちらかが【すべてのユーザーからメッセージを受信する】設定をオフにしても、支障なくDMを送信しあうことができます。
つまり鍵アカがツイッターでDMを送受信するには、鍵や相手とのフォロー関係より、【すべてのユーザーからメッセージを受信する】設定が重要、ということですね。

この【すべてのユーザーからメッセージを受信する】設定は、【設定とプライバシー】から【プライバシーとセキュリティ】→【ダイレクトメッセージ】の項目からいつでもオン・オフが可能です。

設定すればすぐに反映されますし、「詳しい説明」をタップすればツイッターのDMについてのヘルプを見ることもできるので、鍵アカの人も公開アカの人も、設定を確認してみて下さいね。