ツイッター

ツイッターのアカウントが削除できない時の解決方法

ツイッターを続けていると、何らかの事情で今のアカウントを削除したいと考えるようになることもありますね。

ツイッターアカウントの削除自体は簡単で、【設定とプライバシー】から【アカウント】を選択→アカウントタブの一番下にある【アカウント削除】をタップかクリックすると、アカウントの削除にまつわるヒントを確認後、ツイッターアカウントを削除することが可能です。

しかし、この手順で正しくアカウント削除ができたはずなのに、「アカウントが削除されていない」と戸惑うツイッターユーザーは少なくありません。

ツイッターアカウントは、削除しても30日間は完全には消えず、その気になれば復活できることはすでに広く知られていますが、それ以外でもスムーズにアカウント削除ができないケースもいくつかあるので、まずはそれらの事例と解決方法を順番に見ていきましょう。

アカウント削除ができないケースと解決方法

ログインしてしまった

削除したはずのツイッターアカウントが削除できていない場合のほとんどは、削除後にうっかり自分でそのアカウントにログインしてしまったケースです。

ツイッターを見ることは習慣になっているユーザーが多いため、アカウントを削除したのにTwitterアプリをつい開いてしまった…という話はよく聞きます。

削除したアカウントに30日間のどこかで一度でもログインしてしまうと、アカウント削除は取りやめと判断され、こちらの意思とは関係なくアカウントが復活してしまいます。

完全にアカウントを消したいなら、30日間は絶対そのアカウントにログインしないよう注意しましょう。

凍結やロック中の場合

また、そもそもそのアカウントがツイッターから凍結やロックなどの措置を受けている場合、自分の判断でツイッターアカウントを削除することはできません。

このケースでは、まず凍結やロックが解除されないことにはどうしようもないので、ロック解除・復元のための手続きをしたり、凍結解除のための異議申し立てをすることが必要になります。

アカウントが乗っ取られている

そして、アカウントが乗っ取りの被害に遭った場合も、アカウント削除ができなくなる場合があります。

もともと第三者にそのツイッターアカウントのパスワードが知られていて乗っ取られていたか、アカウント削除後の30日間にパスワードを当てられて乗っ取られたなどいくつかのケースが考えられますが、こうなると非常に厄介です。

アカウントが乗っ取られても、まだ自分が設定したパスワードのままの状態であれば、こちらから再ログインしてパスワードを変更してしまえばまだ助かりますが、乗っ取り犯にパスワードを変更されてしまったらお手上げでしょう。

その場合は、ツイッターヘルプセンターに【アカウントが乗っ取られた場合】を選択の上で問い合わせを送信し、支援を求めて下さい。

検索結果から消えるまでには時差がある

なお、ツイッターのアカウントを無事に削除できた場合でも、Googleなどの検索結果には消したはずのツイッターアカウントがしばらく反映され続けます。

けれど、アカウント削除から14日以上経過すればほとんどの場合は検索結果からも除外され、そのアカウントが存在した痕跡をほぼ消すことができます。

ちなみに、アカウント削除の前にユーザー名と登録メールアドレスを変更しておくと、アカウント削除後に元のユーザー名やメルアドをまた使用できるようになりますよ。

アカウント削除について正しく知って、ツイッターを安心して楽しんで下さいね。

ABOUT ME
中の人
SNS解決.comの中の人です。