ツイッター

ツイッターのフォローリクエストのやり方|間違えて取り消してもばれる?

ツイッターのフォローリクエストのやり方や取り消し方をご紹介します。

フォローリクエストの送り方

非公開アカウント(鍵垢)のツイートを見るためには、そのアカウントからの許可を受けてフォローを認めてもらわなければなりません。

フォローの許可を得るためには、フォローを希望するアカウントから相手に申請を行う必要があり、これを「フォローリクエスト」と呼んでいます。

フォローリクエストの送信がしたい場合は、まずフォローを希望している非公開アカウントのトップページをスマホやパソコンから開きましょう。

画面の右上部に【フォローする】と記載された項目があるので、そこをクリックするだけで送信が完了します。

フォローリクエストを受信したアカウントが、そのフォローを認めれば、その瞬間からツイートを見られるようになります。

反対にフォローを認めてもらえなかったら、「フォロー許可待ち」という表示が元の「フォロー」に戻り、そのまま相手のツイートを見ることはできません。

フォローリクエストを誤送信したら取り消しも可能

何らかの理由でフォローリクエストを誤送信してしまった場合には、【フォロー許可待ち】と記載された箇所をタップ、またはクリックしましょう。

その後に【フォローリクエストを取り消す】という項目が出てくるので、この表示をタップすれば、誤送信を取り消すことが可能です。

もう一度トップページを見て、【フォロー許可待ち】が【フォローする】に戻っていれば、正常にキャンセルができています。

フォローリクエストを誤送信すると誰が送ったかバレる?

間違ってフォローリクエストを送り、すぐに取り消した場合、それがバレるか否かは、相手のアカウントの設定状況によって異なります。

相手が通知設定で【新しいフォロワー】をオンにしていた場合、フォロワーリクエストが到着したことが通知されるので、バレる確率が非常に高くなります。

反対に通知をオフにしていた場合は、相手が気付く前に送信を取り消せば、アカウントがバレる心配はありません。

フォローリクエストを送った際、相手に伝わる情報

フォローリクエストを受け取ったアカウントは、送信者の一覧からフォローを希望しているアカウントのユーザー名とID、自己紹介欄を一目で確認できます。

ここからプロフィールページにジャンプすることが可能なので、送信者の情報は基本的にすべて筒抜けになってしまいます。

間違って送信した後、ツイートの内容を見られたくないという場合には、プロフィールを一時的に削除したり、ツイートを非公開に設定したりすると良いでしょう。

バレるかどうかは運次第になりますが、発覚する確率を少しでも下げるためには、なるべく早くフォローをキャンセルすることをおすすめします。