ツイッター

ツイッターのDMの画像が見れない原因や解決方法

TwitterのDMの画像が見れない原因や解決方法についてご紹介します。

DMの画像が見れない原因や解決方法

Twitterの不具合を疑う

TwitterのDMに添付されている画像が正しく表示されない場合には、まずはTwitterの不具合を疑いましょう。

はっきりとした原因は特定されていませんが、TwitterではDMの画像が見られないという現象が頻繁に起こっています。

個人のユーザーがこの状況を打開させることは出来ないので、画像を開くには復旧を待つ以外ありません。

DMの画像が見られなければ、まずはTwitter上で「DM  画像」などのワードを使ってツイート検索をかけてみましょう。

同じように不具合を訴えている方が他にもいれば、Twitter側の問題と考えて、画像の閲覧はしばらく諦めて下さい。

通信環境を確認する

DMの画像の読み込みには時間がかかりますから、通信環境に問題が無いか確認しましょう。

通信制限がかかっている場合、DMを開くことができても、画像が表示されない場合があります。

また、Wi-Fiに接続しているのであれば、一度Wi-Fiの接続を解除し、モバイルデータ通信をオンにしてDMを開き直してみましょう。

使っている端末を変えてみる

スマホなどの端末からDMの画像が見られないのであれば、パソコンからTwitterを開き、画像を開けるかどうか確認して下さい。

仮にスマホ等の端末に原因があるならば、パソコンからは通常通りに画像を閲覧することが出来るはずです。

反対にスマホからもパソコンからも画像が見られない場合は、端末側の問題ではないことの証明になりますから、Twitterの不具合と見て復旧を待ちましょう。

Twitterを再起動する

不具合が生じている気配が無く、通信環境にも問題が無いことが分かったら、Twitterを再起動してDMを開き、画像が見られるかどうかをチェックして下さい。

スマホやタブレットからTwitterにアクセスしているのであれば、一度アプリを閉じてからもう一度Twitterを開き直しましょう。

それでもダメだった場合には、端末そのものを再起動させてからTwitterを開き、画像が見られるかどうかもう一度確認してみて下さい。

パソコンから開いている場合には、ブラウザを再起動させてからTwitterを開き、DMの中身を確認しましょう。

改善されなければパソコンそのものを再起動させると、何事も無かったかのように画像が見られることもあります。

メモリ不足が原因で一時的に画像が開けなくなっている場合には、再起動は特効薬として機能するので、必ず試しておきましょう。

イタズラも視野に入れる

DMの画像が見られない場合、カメラのマークに斜線が入った黒い背景の画像が表示されることが普通です。

悪質なケースでは、この画面をスクショした画像がイタズラで送られてきたという例も報告されています。

頻繁に起こることではありませんが、いつまで経っても画像が表示されなければ、イタズラされている事も視野に入れて冷静に対応しましょう。

ABOUT ME
中の人
SNS解決.comの中の人です。