ツイッター

ツイッターのDMを削除する方法 削除すると相手にバレる?

ツイッターのDMを削除する方法をご紹介します。

スマホを使ったDMの削除法

Twitterに届いたDMを削除したくなったら、まずは画面右下に出ている手紙のマークをタップして、到着したメッセージの一覧を表示させましょう。

その中から削除したいDMを見つけたら、左側に向けてスワイプし、右端に出るゴミ箱のマークをタップしてください。

【会話を削除しますか?】という確認のポップが表示されるので、消したい内容に間違いがなければ【削除】を押し、これで作業完了となります。

また、スワイプしてもゴミ箱のマークが出ない機種をお使いの場合には、消したいDMを長押しするとゴミ箱のマークが出てきます。

このやり方では、その人物から受け取ったDMをすべて削除することになりますが、一部のメッセージのみの削除も可能になっています。

DMを開き、消したい箇所を長押ししていると確認画面が表示されるので、【削除】をクリックすれば当該の箇所だけに限定してメッセージを消去することが可能です。

パソコンから不要なDMを削除する手順

パソコンで開いたTwitterからDMを削除する際には、スマホからのように受信したメッセージの一覧からDMを消去するのは不可能です。

まずは消したいDMの全体を表示させて、右上の【i】ボタンをクリックしてください。

そうすると、画面の一番下に【会話を削除する】という選択肢が出てきますから、ここをクリックすれば一気に要らないDMを消せます。

一部のメッセージだけを削除する場合には、不要な個所のメッセージをクリックすると【自分の受信トレイから削除】を選択できるようになります。

これをクリックするとこの部分のメッセージだけを削除できるので、目に入れたくない言葉を受け、その後もやり取りを続けたい場合に利用すると便利です。

【報告する】で運営への通報ができる

削除と同列に表示される選択肢に【報告する】というタブがありますが、これを利用するとTwitterの運営にDMの内容を通報できます。

個人への攻撃や差別的な言葉はアカウント凍結の対象になりますから、そういった自称に巻き込まれた際には報告を行いましょう。

特に女性の場合はセクハラを受けるケースもありますが、画像や動画も報告の対象に含まれるので、ぜひ報告ボタンを活用してトラブルに対処してください。

DM削除しても相手に通知は届かない

DMの一部、あるいはその全てを削除しても、そのことが相手に通知されること無いですし、相手のDMから自分の言葉が消えることも、現在の仕様ではありません。

そのため、DMを削除した事実が相手に伝わる可能性は一切無いので、安心して不要なメッセージの削除を行いましょう。

これは自分自身が送信したメッセージについても言えることで、DMでの発言内容を取り消したくても、相手の画面から削除することは不可能です。

LINEなどはメッセージの送信を取り消す機能が実装されていますが、Twitterでは一度送ったメッセージを取り消すことは叶いません。

DMを利用する際にはこのことをしっかりと念頭に置き、トラブルの原因になるようなメッセージの送信は控えましょう。