ツイッター

【ツイッター】非公開リストにしても通知でバレることはある?

非公開リストに追加した際の通知に関してご紹介します。

非公開のリストに入れれば相手への通知は届かない

間違いなく非公開のリストに加えたのであれば、追加した際に相手に向けて通知が届くことは無いので、バレてしまうような心配は全くありません。

リストの公開を避けることによって、わざわざフォローしなくても、気になっている人のツイートを簡単にチェックできるようになります。

自分自身の存在を悟られないままで呟きをしたいのであれば、非公開リストというシステムを存分に活用しながらツイートをチェックしましょう。

通知されるリスクを抱えるのはこんなタイミング

間違って公開リストにユーザーを加えてしまったら、その瞬間に通知が届いてしまいますから、事前に必ず非公開になっているかどうか確認してください。

リストは登録を行うとすぐに通知が届けられる仕組みになっているので、公開リストに追加してから慌てて非公開へと設定を変えても意味が無いのです。

また、追加したときは非公開の状態だったとしても、公開へと設定を変更すると、その途端に通知が届いてしまうことも知っておいてください。

鍵垢なら絶対にバレない?

鍵垢の扱いも前述した通りになるので、非公開リストへの追加を行う場合には、相手に通知が届くことは絶対にありえないため安心です。

一方で注意しなければならないのが、鍵垢で公開リストに追加してしまったというケースになります。

このケースでは、相手に通知が行くことは無いのですが、相手が自由に確認できる【追加されたリスト】を見られてしまうと、リストへの追加が知られてしまいます。

このような事態になると、少なくとも自分のプロフィールは見られてしまいますから、油断はできません。

鍵垢のままでリストの設定を切り替えた場合は、リストが非公開へと変わった瞬間に、登録されたリスト一覧からも表示が消されます。

したがって、この場合では、鍵垢でリストに登録したことが相手に伝わるかどうかは運次第になるので、間違えて公開リストに加えた場合はなるべく早く非公開に変更しましょう。

鍵垢だからといって安心していると、リストへの追加がバレてしまいますから、設定でミスを起こさないように何度もチェックすることを推奨します。

発覚するリスクが無い上手なリストの作り方

絶対に失敗せずに非公開リストを作りたいのであれば、まずは自分のアカウントに鍵をかけましょう。

この段階でリストに登録すれば、誤って公開リストにしてしまっていたとしても、追加したタイミングで即座に通知が届くことがありません。

間違いなく非公開だとチェック出来たら、そのままの状態で鍵を外すことで、普段と同じように安全にタイムラインやリストを眺めることができます。