ツイッター

【ツイッター】リストの削除やリストからメンバーを削除する方法

ツイッターのリストの削除やリストからメンバーを削除する方法をご紹介します。

追加済のリストの中から自分を削除するには

ツイッターのリストは自由に追加ができるシステムなので、自分が望まない相手から勝手にリスト入りさせられてしまう可能性もあります。

そういった場合には、まず【リスト】をタップして、その中の【メンバー】というタブをタップし、自分が追加されているリストの一覧を映し出しましょう。

そうすれば自分のアカウントが加えられているリストを見られるので、消したいリストを組んだアカウントの名前をクリックし、プロフィールを閲覧してください。

リストから自分を削除するための方法は現段階で一つしかなく、それはブロックをするという方法になります。

トップページに書かれている【…】をタップすると【〇〇さんをブロック】という項目が出るので、これをタップしてブロックすると、リストから名前が消えます。

フォローを外したくないけれどリストからは名前を削除したいという場合は、一度ブロックした後に解除し、もう一度フォローすれば構いません。

自分で編集したリストから特定のアカウントを消去する方法

これはパソコンを使ってリストを編集する場合のやり方ですが、スマホアプリからでもリストの一覧から特定のユーザーを消去することが可能です。

自分自身で作成したリストから、特定のアカウントを消去するためには、まずリストのページを開き、【リストを編集】というタブをクリックしてください。

【メンバー】と書いてある項目をクリックすると、リストに加えているアカウントが一覧で表示され、右端に【削除】というタブが出現します。

リストからの登録を解除したいアカウントを見つけたら、この【削除】をクリックすると、そのユーザーをリストから消すことができます。

同じように【リスト】から【リストを編集】を選んで、【ユーザーの管理】を押すと追加したアカウントがすべて表示されます。

この中から削除したいアカウントを見つけて、右端の【×】をタップすれば、そのアカウントをリストから消すことができます。

リストそのものの削除もできる

特定のアカウントではなく、リストそのものを削除したいという場合の設定方法はさらに簡単です。

先ほどと同じように【リスト情報】のページを開き、ページの一番下に赤文字で記載されている【リストを削除】をクリックすれば作業が完了します。

これを押すと【リストを削除しますか?】という確認のポップアップが出現するので、間違っていない場合はもう一度【削除】を押し、設定を終えてください。

一度削除したリストを元に戻すことはできないので、削除をする前に必ず内容を確認して、残したいリストを間違って削除しようとしていないか見直しましょう。